記事一覧

100回になりました! アマチュア樹木の基礎講座 その7

 みなさん、こんにちは。天杉太郎です。
 おかげさまで「越後の天杉日記」も今回で100回目となりました。

 2010年12月12日に初回ブログを立ち上げてから2年半、本当に沢山の天スギとの出会いがありました。よくもまあ、あきることなく、ブログのネタが尽きることもなく続けてこれたものだと思います。当初はこんなにも続けられるとは考えていませんでした。
 しかし、天スギの魅力は当初の予想をはるかに超え、出会えば出会うほど、知れば知るほど、その魅力が増し、その奥深さに魅了されて行くのです。

 これからも「越後の天杉日記」をよろしくお願いします。

 最初に次の写真を見てください。昨日の中ノ沢のスギの写真です。もっとも樹木の育つこの時期、元気いっぱいのスギ達です。
  7月の杉

 今回は「天杉太郎のアマチュア樹木の基礎講座 その7 更新」についてお送りします。 「萌芽更新」「伏条更新」「立条更新」と天スギ樹形の謎を解くもっとも大切な内容です。いろいろ講座内容を考えてみましたが、天杉太郎なりに手書きでまとめたイラストを見ていただくのが一番と考え、順番にご紹介して行きます。これらイラストから内容をイメージして頂けたらと思います。

 最初は「萌芽更新」です。

        n萌芽更新  

 続いて「伏条更新」です。

        n伏条更新  

 最後に「立条更新」です。

        n立条更新

 文章で表現してもなかなか理解しにくく、写真では特徴をうまく伝えられないと試行錯誤の結果、イラストが一番!と、へたくそで恥ずかしいかぎりですが、こうさせて頂きました。

 加えて「萌芽更新-2」です。

        n萌芽更新-2

 続いて「伏条更新-2」です。

        n伏条更新-2

 最後に、より天スギ樹形の謎解きができるように、もうふたつ追加しましょう。「あがりこ型樹形」です。

        nあがりこ型樹形

 そして最後は「台杉からの立条更新」です。

        n台株よりの立条更新


 どうでしたでしょうか。正直、現在副業が大変忙しく、なかなか時間がさけない状況で、解説文やイラスト図はもっとわかりやすくと思うのですが、現状これでご勘弁ください。また、不備な点やおかしなところがあれば、どんどんコメントしてください。

 こうした基礎編を理解して頂けたら、今度は天スギの実画像を基に天スギ樹形の謎解きをしていきたいと思っています。

 次回が101回。今後も天スギの素晴らしさをご紹介し続けていきます。乞うご期待!!



スポンサーサイト

コメント

イラストでの解説、ありがとうございます。
いつも迫力のある写真を楽しみに拝見していますが、
手描きのイラストも味わい深いよさがあります。
更新の種類と違いも理解できました。どの更新にしても、
枝がしっかり成長するまでは、主幹のエネルギーで
補っているのでしょう。更新というのは大仕事ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

天杉カウンター

プロフィール

天杉太郎

Author:天杉太郎
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック