記事一覧

あけましておめでとうございます!

新年明けましておめでとうございます。

    s-DSC01440.jpg

今年もブログ「越後の天杉日記」をよろしくお願いします。
今回は新年のご挨拶としてコラムでおおくりします。次の写真を見てください。

   s-DSC04772.jpg    s-DSC04774.jpg

さて、このスギはどこのどういったスギでしょうか? ブログファンの方なら知っています。

ヒントは、積雪埋没調査隊です。

思い出してもらえましたでしょうか。そうです。一昨年の冬、中ノ沢渓谷森林公園・展望台南斜面で天然スギの積雪埋没調査が行われた時の調査サンプルのM-3です。

   MB7-15.jpg    2012年2月11日 2.5mの積雪から掘り出された「M-3」 

初回調査の後も毎年継続調査を行っています。昨年は大雪にも関わらず埋没しませんでした。今年はどうでしょうか。
年明け4日に見に行きました。昨年より確実に根元部分が太くなっていました。それもあて材形成のためか縦楕円形で太くなっていました。天スギ調査の主力メンバー・高橋さんからは「もうM-3は埋没はしません。積雪から抜け出してこれから大きく成長するでしょう!」とのコメント。私もそう思います。となるとM-3の積雪埋没調査のデータは非常に貴重なものとなると思います。
とにかく天然スギはたくましい!!


今年は「中ノ沢・天然スギ研究会」略称「天スギ研究会」の活動が本格化します。
これに合わせ研究会メンバー用のブログも準備進めています。
このブログは今までの「越後の天杉日記」の様に一般の方々みなさんに公開されるものではなく、
天スギ研究会の目的に賛同頂き、会員の規約に同意して頂いた方のみパスワードの入力によって
ブログに入って頂くかたちのものです。

なんでそんなことするの?!と言われる方も居られるかとは思いますが、天然スギの調査が進み、研究会の大切な情報・資料が勝手にどこかに流用され、大事な天然スギが商業用に活用されたり、心無い人達によって荒らされてしまうケースが予測されるからです。
もちろん研究会で調査した情報・資料を整理検討し、公開に向けた事前準備がしっかりと整えば、当然この天杉日記のブログでご紹介して行きます。

なんと言っても「中ノ沢・天然スギ研究会」は、天然スギの調査を通して、過酷な自然環境を生き抜く天然スギのたくましさ・力強さ、遠い昔からの天然スギと人との関わり、自然との共生の歴史を世に紹介し、こうした活動を通して中ノ沢の振興、活性化に繋げるいくことを目的としています。

「中ノ沢・天然スギ研究会」につきましては、会員ブログの準備ができ次第このブログでご紹介し、賛同いただける方々を募りたいと思います。

年始早々堅いお話になってしまいましたが、ここまで注意を必要とするくらい中ノ沢の天然スギは魅力的なものです。
なんとしても近い将来、中ノ沢を「天然スギの里」として世に紹介して行きたいと思います。

乞うご期待!!


追伸:
背景を変えてみました。ブログを見ているみなさん、一週間ほどこのブログを見てください。
日替わりで、従来の黄色、新規の緑、追加のノートと3つの背景を出してみます。
一番見やすくイメージに合うものをコラムにひと言お願いします。
同時に文字サイズを通常サイズにしてみました。見にくくて元に戻すべきとのご意見があれば、コラムにひと言お願いします。







スポンサーサイト

コメント

あけましておめでとうございます。

白い背景で、気分も新たに清々しいですね。
ただ、杉の緑は、従来の黄色の背景のほうが映えるのではないかと
思いますが、いかがでしょうか。慣れの問題か?
文字は白背景でも読みやすいですし、フォントも通常サイズで
問題なく読むことができました。

次の背景

兎吉朗さん、コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今度の背景は如何でしょうか。ノート式が気に入っていますが、
どうも可愛らしくなった様で、イメージに合うかどうか。
続けて、感想よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

天杉カウンター

プロフィール

天杉太郎

Author:天杉太郎
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック