記事一覧

梅雨に学ぶ道づくり

みなさん、こんにちは。天杉太郎です。

梅雨本番、今年の梅雨明けはいつ頃でしょうか。
個人的には、7月23日までに明けてもらわないと困ります。

今回は「梅雨に学ぶ道づくり」と題してお送りします。
次の二枚の写真は、5月28日天然スギ研究会のメンバーでみょうばん岩の大杉周辺の
観察道整備を行った時の写真です。天然スギ研究会の関谷さんと竹内さんです。


今回の整備は「NPOが造る自然と人にやさしい道づくり」をテーマに活動を進めています。
その場の地形を良く観察し、遠回りであっても自然の地形をうまく利用し、その後の道の
修復も容易になるように工夫します。努力の回あって、写真の通り上手くできたのです。

   20160712202738e62.jpg    201607122027377fb.jpg

ところが、その後の梅雨入り、雨続きの毎日、暫くぶりに観察道を歩いてみると「ぬかるみ」だらけ。
伐開後の道の表層は薄く、すぐに地肌が出てしまいます。

登山道が荒れて行くのも雨の流れです。改めて道づくりの大変さを実感しました。
ここで直ぐ計画修正、可能な限りの専門家の人達の助言を集め、最終的にはその場にあった施業方法を
取り入れて行きたいと思います。

「梅雨に学んだ道づくり」でした。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

天杉カウンター

プロフィール

天杉太郎

Author:天杉太郎
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック