記事一覧

今年一年、ありがとうございました!

みなさん、こんにちは。天杉太郎です。
ご無沙汰してしまいました。

実はこの間、活動が無かったどころか、活発化して忙しい毎日を送っていたら、既に師走に入ってた。こんな感じです。

今年の秋以後、中ノ沢渓谷森林公園「天然スギ巨木の森」のボランティア整備が本格化し、支援グループ「裏五頭の天然スギに集う会」が結成され、今後15名の人達の協力を得る事ができる様になりました。この集う会のみなさんは、今まで公募でご案内してきた観察会・草刈りボランティアに参加されてきた皆さんで、色々な分野でのスペシャリスト揃いです。

    20161218145523334.jpg

観察道整備の基本コンセプトは、「NPOが作る自然と人に優しい道作り」で、今まで道作りの為に伐採した小径木を使って「小枝のステップ」を作っています。この整備方法は、できるだけ現地材を使い、子供や年配の人達でも安心して歩く事ができ、かつ維持・メンテナンスが容易にできる様にと考えた方法です。来年の橋掛けと共に完成する予定です。

もうひとつ特筆すべき事項は、今年の秋、各地の天然スギを回れたことがあげられます。
糸魚川・大所、岐阜板取の株スギ、石徹白の大杉、富山馬場島の剣の大王杉、福島県只見町ブナセンターなど。糸魚川大所では地元の方々との交流会を開き、「杉山」の調査結果は、論文として受理され、学会誌に掲載されることになりました。

    201612181457249c5.jpg

岐阜県板取の株スギ群は、天然台スギの調査を進める上で非常に重要な天然スギで、板取の株スギ群を論文発表した岐阜県立森林文化アカデミーの川尻副学長から直接案内、説明を受けることが出来ました。その後、石徹白の大杉、富山馬場島の剣の大王を訪ね、国内最大のスギ巨木があると言われる剣岳山塊の細蔵山の登山口も確認できました。さらに、福島県只見町にあがりこ型樹形の専門家、只見町ブナセンター長の鈴木和次郎氏を訪ねることができ、多くの貴重なお話を聞くことができました。来年には裏五頭の天然スギを見に来て頂けることで、了承を頂けました。

年が変わり新年からは「越後の天杉日記」で、「裏五頭の天然スギに集う会」の活動の様子とこの秋訪ねた各地の天然スギの話題をお伝えしたいと思います。

これからもブログ「越後の天杉日記」をよろしくお願いします。

                                天杉 太郎
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

天杉カウンター

プロフィール

天杉太郎

Author:天杉太郎
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック