記事一覧

新谷の天然スギ美林

みなさん、こんにちは。天杉太郎です。

前回のブログで、冬から春に変わる山を夢中で登っているとお話しましたが、
今回は2月26日に下越山岳会の人達と新発田市の奥、蒜場山・小面峰に向けての荷上げで登った新谷の天然スギの様子をお伝えします。

20170311211539d59.jpg 
標高 700m付近にある天然の台杉です。典型的な株杉で地上から約3mの所に伐採痕らしきものが確認されました。

  
2017031120261355f.jpg

標高800m付近の天然スギです。一時の晴れ間に美しく広がる「新谷の天然スギ」です。


20170311211637031.jpg

尾根筋に天然スギが続きます。それにしても、冬山の青空は最高です。


20170311211740d1d.jpg

尾根筋に続く天然スギの様子が良く分かります。

             
            20170311211852d96.jpg   

標高800mを越えて続く天然スギです。

人の手が掛かった「タッコギ型の天然スギ」はなく、実に見事な「ジダチ型天然スギ」が続きます。

以前、新谷集落の方に「新谷の天然スギ」についてヒアリングしましたが、この一帯「広場山」呼ばれ、秋田杉にも勝るとも劣らない良質な天然スギの宝庫だったそうです。

今回の山行で、新谷の方が言われる事が実感出来ました。
「新谷の天然スギ」は、実に見事な「天然スギ美林」でした❗



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

天杉カウンター

プロフィール

天杉太郎

Author:天杉太郎
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック