記事一覧

登りましょう。天杉の山❗  探しましょう。天杉巨木❗

こんにちは、天杉太郎です。

先日、天然杉の山・馬ノ髪山を登って来ました。
この山は、天杉太郎が17歳の時から登って来た山で、この山の北側に流れる「釜ヶ沢」の岩壁に通い詰め、最終的に「馬ノ髪山・釜ヶ沢地域研究報告書」なるものを完成させました。

場所は、新発田市赤谷から棚橋山-馬ノ髪山-俎倉山-岩岳-蒜場山と続く山域にあり、標高は757m、前半は沢筋の渡渉道、後半は馬の鬣、天然杉の尾根を登ります。登山口から山頂まで2時間といった手頃なお山です。

またこの山域は天然スギの宝庫で、俎倉山から岩岳の間には、日本海側気候における天スギの遺伝資源の保存を目的とした「赤谷山天スギ遺伝資源保存林」があります。さらにこの天スギの森は「赤谷天スギ」として植物群落保護林にもなっているのです。

馬ノ髪山です。綱木街道からもすぐわかります。

201709072004096ce.jpg 
写真中央、扇型の沢の上が「扇ノ平」、その右側が「馬ノ髪山 757m」です。
馬ノ髪山山頂から手前に伸びる馬の鬣の様な尾根が登山道で、次の画像の様に天然杉が群生しています。

   20170907200549200.jpg

本当に素晴らしいお山です。是非登ってみてください。

さて、実は今回のブログタイトルにはもう一つ、「探しましょう!天杉巨木」を載せました。
その理由は、その時の山行で見つけたのです。おもしろい天然杉巨木を!!
次の画像をよ~く見てください。何か「ま~るい」見たこともないような樹木がありますね。

201709072008160e6.jpg 
ズームアップ。
  2017090720094420b.jpeg 
「ま~るい 天杉巨木」です。こんなに形の整った天然杉は見たことがありません。
どこにあるかは掲載できませんが、この秋落葉したら「裏五頭の天然スギに集う会」のみなさんと調査に入る予定です。その結果は、このブログでご紹介します。

乞うご期待!

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

天杉カウンター

プロフィール

天杉太郎

Author:天杉太郎
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック